CS0246

酒と旅行と音楽と、そのほかサッカー、映画に、あれやこれや♪(´ε` )好きなものをひたすら語ります。

Day4 - FIFA WorldCup 2018 RUSSIA

f:id:aikenjirshi:20180614063505p:plain:w150

なんとなく予感があったんです。
前回王者ドイツは最近のテストマッチで結果を残せていなかったらしいし、
ブラジルは逆に、前回大会での惨憺たる結果を受けて、それ以降の試合、4年間一度も負けてないらしい。

そんな2チーム、どっちも別な意味で初戦に失敗するんじゃ無いか、と。

昨夜、
なんとなく感じるそんな予感と、
明日は月曜、あくびしながら仕事するわけにはいかないしなー、という現実とに思いを馳せ、
どちらか片方の試合しか見ないくらいなら、両方観るのをやめてしまおう、という決断をしました。

そしてさっき、朝起きて、昨夜の試合の結果(数字だけ)を見る。

ドイツ 0-1 メキシコ
ブラジル 1-1 スイス
案の定。

そんなわけなので、何が起こったのかはわかりませんし、
どういった経緯でこんな結果になったのかは不明ですが、
普通だったら2-0、3-0で勝ってもおかしく無いドイツとブラジルに、
なぜ僕が漠然と「初戦失敗するんじゃ無いか」と感じていたかを考えてみます。

一次リーグ 1回戦 グループE

ブラジル 1-1 スイス

まずブラジル。
自国開催で優勝が義務付けられていた前回大会。
ブラジルは準決勝でドイツに1-7、3位決定戦でオランダに0-3と、まあひどい負け方をしました。

世界最強を自負しているだろうブラジルにとっては、耐え難い屈辱だったはずです。
怒り狂う自国ファンの前で、二度と醜態を晒せないブラジル代表は、その後4年間、1敗もしていないと聞いています。

過去にもあったんです。
史上最強のブラジル、という前評判で、4年間ほぼ負けなしだったはずのブラジルが、
いざW杯が始まってみたら「あれ?パッとしない?」「いや、むしろ悪い?」となってしまったことが。
たしか、南アフリカ大会だったんじゃ無いかと思います。

そんな過去もあるものだから、堅守で来るだろうスイスに、手を焼くか、場合によっては足元をすくわれるんじゃ無いか、と思っていたわけです。

蓋を開けてみると、公式発表ではシュートもコーナーキックもスイスの3倍。
でも支配率はどっこいどっこいの、少しだけブラジルが上、程度。
がっちり守られた、というよりは、決めきれなかった、という結果に見えます。
ブラジルの自滅と見るのが正しそうですが、いずれにせよ、やっぱり初戦、負けなかっただけ、という結果になったようです。

一次リーグ 1回戦 グループF

ドイツ 0-1 メキシコ

かたやドイツは、とにかく直前の前評判で「危ないかも」という声をよく耳にしました。
そして、ここ数大会、前回優勝国の結果。
 アメリカ大会優勝のブラジル、フランスで準優勝。
 フランス大会優勝のフランス、日韓で1次リーグ敗退(勝ち点0)。
 日韓大会優勝のブラジル、ドイツでベスト8。
 ドイツ大会優勝のイタリア、南アフリカで1次リーグ敗退(勝ち点2)。
 南アフリカ大会優勝のスペイン、ブラジルで1次リーグ敗退(勝ち点0)。
ブラジル以外は、実は酷いものです。
さらには、初戦の相手は中南米の国、したたかなメキシコです。
前回王者の足元を、喜んですくいに来る相手です。

こんな情報を総合して、ドイツはたぶん、ダメだろう、と踏んでいました。

結果として、ドイツは、支配して、ガンガン攻めながら、ひと刺しに敗れる結果になったようですね。




今大会、1回戦の3/4、12試合が終わったのかな?
スコアレスドローがゼロで、各グループ強豪と呼ばれる国が勝ち点3を取りこぼし、全般的にロースコアゲーム。
そんな大会になっています。

いよいよ明日の21時からは1回戦の最終戦、コロンビア対日本がキックオフです。
前評判最悪の日本、どう転ぶか、複雑な心境で待つことにします。


6/18スケジュール

21:00 スウェーデン-韓国
24:00 ベルギー-パナマ
27:00 チュニジア-イングランド